閉経と更年期

閉経と更年期

健康な女性には毎月生理が訪れますが、毎月の生理もある程度の年齢となると「閉経」といって、訪れなくなってしまいます。

一般的に、最後の生理から1年間生理がない状態が続くと「閉経」したとされ、閉経をはさんだ前後5年間程度が俗にいう「更年期」という時期にあたるといわれています。

日本人女性の閉経は、だいたい50歳前後と言われていますから、45歳~55歳代あたりの世代がちょうど「更年期世代」と考えることができるでしょう。

 

更年期障害とは

更年期は、思春期や成熟期などと同じような成長の一過程と言うこともできますが「更年期障害」という言葉があることからもわかるとおり、身体や心に今までとは違った変調をきたす人が少なくありません。

これは、閉経とともに卵巣機能の低下、女性ホルモンの減少といった急激な変化が起こることから、身体が急激な変化に適応できず、ほてりやのぼせ、イライラや冷え、頭痛、うつ…といった症状を発症するというもので、ひどい場合は日常生活に支障をきたすこともあるようです。

ある程度の更年期特有の症状は、更年期を迎えた女性なら誰もが感じるものですが、症状があまりにもツライような場合には、更年期障害として婦人科などを受診することも必要です。