ヒーリングとは

現代社会と癒し

「癒し」を意味するヒーリングは、ストレスが多い現代社会で注目を集めつつある行為です。

ヒーリングミュージックやヒーリングスポット、ヒーリングアートなど、「ヒーリング」と名がつくものも多いですよね。

しかし、最近はただ単に「ヒーリング」という時には、ヒーラーと呼ばれる施術者の手によって、心や身体の癒しを与えられる治療のことを意味する場合が多いようです。

西洋医学では、病気を治すために、薬を処方したり、必要とあれば外科的な手術を行って病気そのものを治療しますが、ヒーリングでは、ヒーラーと、患者の双方の生命力や自然治癒力などのエネルギーを使って、病気を引き起こしている根本の問題と向き合います。

広義では、西洋医学に対して行われる代替療法、アロマテラピーや気功、ホメオパシーやバッチフラワー、レイキなどもヒーリングの仲間と考えられるかもしれません。

 

ヒーリングの治療法

ヒーリングとひとことで言っても、さまざまな方法があるので、一概に「これがヒーリングである」とは言い切れないのですが、一般的に「ヒーリング」として行われている施術では、ヒーラーが患者に手をかざしたり、実際に患者に触れるなどして、治療を行っていきます。

そのため、ヒーリングは手かざし療法などと呼ばれることもあります。
ヒーラーが手をかざしたり、身体に触れたりしているときは、何をしているのかというと、患者のエネルギー(気)の流れを感じ取り、それを整えたり、あるいはヒーラー自身のエネルギーを患者に送ったり、流したりすることで、乱れているエネルギーを調節しているのだそうです。

通常のヒーリングでは、このようにヒーラーと患者とが対面で治療をしていきますが、中には遠隔ヒーリングといって、電話やインターネットなどを通じて離れた場所からヒーリングを行っていくという治療法もあります。

遠隔ヒーリングは、対面ヒーリングに比べると精度が落ちるといわれることもあるようですが、遠方でなかなかヒーラーに会いに行けない人や忙しい人には利用しやすい治療といえるかもしれません。