スピリチュアルヒーリング

霊界の霊による治療

医学が発展している現代において、医師が病気の治療を担います。
体調が悪くなったら医療機関に足を運んで医師による診察を受けるでしょう。医薬品などを使って治療が行われます。多くの人にとって、これが当たり前のことです。

しかし、スピリチュアルヒーリングという方法もあります。

スピリチュアルというのは、霊的なという意味です。
霊や霊界というものが存在すると捉えている人もいれば、霊なんて存在しないと考えている人もいるでしょう。

しかし、スピリチュアルヒーリングにおいては、人間は死後に霊になって霊界に行くという考えを前提としています。
霊が病気の治療を行うことがスピリチュアルヒーリングです。

スピリチュアルヒーリングにおいて、病気になっている状態というのは、霊的エネルギーの循環が上手く行っていない状態を指します。

霊界の霊の力により、乱れた霊的エネルギーの流れを正常に導くというわけです。
霊的エネルギーはバランス良く循環していること、体調の良い状態を意味します。

 

スピリチュアルヒーリングのやり方

スピリチュアルヒーリングにおいては、霊界の霊が病気の治療を担うわけですが、何もしないでいて勝手に霊界の霊が治療をしてくれるわけではありません。

ヒーラーと呼ばれる人が、特定の行為をすることで、霊による治療が行われます。

そのヒーラーが行う行為の種類はさまざまですが、もっとも広く行われているのは、手をかざしたり、手を当てたりするやり方です。

外見から見て、何らかの治療をしているように見えるでしょう。
そのため、ヒーラーが治療を行っていると思ってしまいがちですが、治療を行っているのはあくまで霊界の霊です。

手かざしヒーリングや手当ヒーリングの他に、除霊ヒーリングも比較的オーソドックスな部類に入ります。除霊というのは低級な霊や未熟な霊を取り除くことです。

具体的なやり方としては読経をしたり聖水をかけたりします。
低級な霊や未熟な霊の影響で霊的エネルギーの循環が悪くなっていた場合には、それをなくすことで霊的エネルギーの循環が改善を図ります。